自治体でのお取り組み事例

地域 × ICTで、生徒の主体性を育む
長野県教育委員会インタビュー

国が進める高大接続改革にあわせ、各自治体では独自の教育改革を進めています。そうしたなか長野県教育委員会様では、ICT教育プラットフォーム「Classi(クラッシー)」を導入し、「学習記録の蓄積」を通じた学びの質的向上をめざす取り組みを進行中です。その取り組みの概要と期待する効果などについてのインタビュー内容をご紹介します。
(VIEW21 高校版 2019年4月号掲載)

本取材記事は、以下をご紹介しています。

  • 長野県が進めている高等学校改革とは
  • 学習記録を蓄積する狙い
  • Classiを選定した理由
  • 今後の教育ビジョン
ダウンロード資料イメージ画像

 

申込フォーム

*全て必須項目です

 

個人情報の取り扱いについて
  1. Classi株式会社(以下「当社」という)は、個人情報の保護に関する法律その他関連する法令等を遵守し、管理責任者のもとで厳重なセキュリティ対策を施し、適正に個人情報を管理しています。
  2. 当社は、お客様から取得した個人情報を次の目的で利用します。
    • 当社サービスの提供及びお客様からのお問い合わせ対応等のサポート提供
    • 当社又は株式会社ベネッセコーポレーション、Classi連携サービス各社の商品、サービス、キャンペーンに関するご案内
    • 各種調査、統計・マーケティング資料作成並びに研究、企画及び開発
    • アンケート内容の集計
    • その他当社プライバシーポリシー(https://classi.jp/privacy.html)に掲げる目的
  3. Classiその他サービスと連携する各種情報提供のため、株式会社ベネッセコーポレーション、およびClassi連携サービス各社へ個人情報を提供します。
  4. 前項に定める利用目的の範囲において、お預かりしている個人情報の処理をベネッセまたは第三者に委託する場合があります。
 

当社の個人情報保護への取り組みについてはこちらのURLからご確認ください。